島田亨氏、顧問就任のお知らせ

島田亨氏(元楽天副社長)顧問就任のお知らせ


株式会社エル・エム・ジー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:林 雅之)は、2017年1月11日付で元楽天株式会社 代表取締役副社長の島田 亨氏を顧問に迎えましたことをお知らせいたします。

近年、企業のデジタルマーケティングにおいて、ソーシャルメディアやオウンドメディア※1の重要性が高まる中、日々のオペレーションを効率よく適切に行うことのできるIT人材の不足が課題となっています。

当社は、現代の情報消費行動に寄り添う愛されるマーケティング活動(Lovable Marketing)を推進するマーケティング企業グループです。ソーシャルメディアやWeb制作に関する専門知識と、数多くの経験で培った運営ノウハウをもとに、企業のソーシャルメディアマーケティングやインバウンドマーケティング※2を支援しています。また、昨年はソーシャルメディアマーケティング事業の急成長により、2017年3月期のグループ合計売上高は前期比約170%を見込んでいます。

島田氏は、株式会社インテリジェンスの創業メンバーとして同社の成長期を支え、退任後は個人投資家として活躍する一方、プロ野球球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」の代表取締役社長として球団経営に尽力されました。その後も株式会社楽天のアジア事業の統括責任者、代表取締役副社長を歴任するなど精力的に活躍されています。この度、企業経営における豊富な経験と知見をもつ島田氏を当社顧問に迎えることにより、今後拡大するデジタルマーケティング市場においてさらなる成長を目指してまいります。

島田 亨氏 略歴

toru thomas shimada

昭和40年3月3日東京都出身
昭和62年株式会社リクルート 入社
昭和64年株式会社インテリジェンス 創業 同社取締役
平成7年株式会社インテリジェンス 代表取締役副社長
平成16年株式会社楽天野球団 代表取締役社長
平成17年楽天株式会社取締役 執行役員 プロスポーツ事業カンパニー社長
平成26年同代表取締役 副社長

株式会社エル・エム・ジー 会社概要

エル・エム・ジーはLovable Marketingというコンセプトに賛同し、それを推進する専門性の高い会社をグループ力でシナジーを生み、Lovable Marketingを推進し、日本のマーケティング業界を変えていきます。

社名 株式会社エル・エム・ジー (英表記 LMG, Inc.)
代表取締役社長 林 雅之
本社 〒104-0045 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル2階
設立 2014年7月15日
資本金 1億1,750万円
関連会社 株式会社コムニコ
株式会社24-7
株式会社マーケティングエンジン
株式会社コンテンツガレージ
事業内容 ソーシャルメディアマーケティング事業
インバウンドマーケティング事業
投資事業
URL http://www.lmg.co.jp/

 

※1オウンドメディア
企業が自社で所有・管理するブログやWebサイト。

※2インバウンドマーケティング
2005年、HubSpot社を創設したブライアン・ハリガン、ダーメッシュ・シャアが提唱したマーケティングの考え方です。一方的な営業電話やダイレクトメールなどで企業から顧客を追う「アウトバウンド」な活動に対して、見込み客が自ら情報を求めて自社のサイトへ訪問してもらい、製品やサービスの顧客及び推奨者になってもらうためのあらゆる活動を指します。生活者及びBtoBにおける購買決定者は、検索エンジンやソーシャルメディアの普及により、企業からの情報を受動的に消費するだけでなく、主体的に情報を検索・収集し、購買に関わる意思決定をしています。こうした時代背景から、生活者や購買決定者の視点に立ち、邪魔をするのではなく、価値のある情報を適切な形で届けることが重要です。インバウンドマーケティングは現代の生活者の情報の消費行動に寄り添った考え方として、注目を集めています。

本リリースに関するお問い合わせ
株式会社エル・エム・ジー エンゲージメントデザインチーム 広報PR担当 増子ひとみ
〒104-0045 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル2階
Tel:03-6264-0837 E-mail:h.mashiko@lmg.co.jp