NEWS
  • お知らせ

新型コロナワクチン接種に係る対応方針について

株式会社ラバブルマーケティンググループ(本社:東京都中央区、代表取締役:林 雅之、以下当社)およびグループ各社は、新型コロナワクチンの一般向け接種が順次拡大することを見据えて、当社グループ従業員の新型コロナワクチン接種に係る対応方針を決定いたしました。

対応方針

  1. ワクチン接種にかかる時間(接種及び行き帰りを含む)を勤務扱いとする。
  2. ワクチン接種後の痛みや体調不良などの副反応により、就業が難しくなった場合、ワクチン接種1回につき2日を上限として有給の特別休暇を取得できるものとする。
  3. 上記1,2につき、家族のワクチン接種の付き添い、ワクチン接種後の副反応による介護などが必要となった場合も同様の扱いとする。

対応期間
2022年3月31日まで

対象会社
株式会社ラバブルマーケティンググループ
株式会社コムニコ
株式会社24-7
一般社団法人SNSエキスパート協会

新型コロナワクチン接種は、6月に入り医療従事者や65歳以上の高齢者接種の見通しがついた自治体から、12~64歳の一般向けの接種券の発送が始まっています。一部自治体においては大規模接種会場の設置といった対応も進んでおりますが、予約が集中するであろう週末の混雑を避けてワクチン接種ができるよう、ワクチン接種にかかる時間(接種及び行き帰りを含む)を勤務扱いとすることといたしました。

また、各研究機関や医療法人の調査(※1)によると、2回目接種後に発熱する人の割合が高いという結果も出ており、倦怠感や頭痛、関節痛等も含めた副反応を考慮して、ワクチン接種1回につき上限2日の特別休暇を有給で取得できるものといたします。

当社グループでは、原則リモートワークの実施や手当の支給等(※2)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)からの安全確保ならびに感染拡大防止に取り組んでまいりました。また、従業員の感染症予防対策は、SDGsの取り組み(※3)における健康経営の一環として捉えております。今後も、感染抑制と一日でも早い収束のため、新型コロナワクチン接種を希望する従業員とご家族の気持ちに寄り添い、安心して働ける環境づくりを整備してまいります。

(※1)順天堂大学 コロナワクチン研究事務局「新型コロナワクチンの投与開始初期 の重点的調査(コホート調査)
     社会医療法人 米盛病院「新型コロナウイルスワクチンの2回接種を終えた職員の勤務への影響調査」(南日本新聞ウェブサイト)

(※2)2020年3月20日より当社グループ全従業員を対象に、原則リモートワークを実施しています。また、2020年4月にリモートワーク補助および感染対策のための一時支援として13万円を支給。2021年4月より月額5,000円相当の手当を支給しています。

(※3)当社グループのサステナビリティマネジメントにおいて「SDGsに基づく組織づくり」を全活動のベースとしています。SDGsの取り組み

株式会社ラバブルマーケティンググループについて

現代の情報消費行動に寄り添う愛されるマーケティング活動(Lovable Marketing)を推進するマーケティング企業グループです。私たちは、すべてのマーケティングをラバブルにするというビジョンに賛同し、それを推進する専門性の高いグループ企業でシナジーを生み、持続可能かつ効果的なMOS(マーケティング オペレーティング サービス)を提供していきます。
URL:https://www.lmg.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ
株式会社ラバブルマーケティンググループ
広報PR担当
〒104-0045 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル2階
Tel:03-6264-0837
E-mail:press@lmg.co.jp