メニュー

スタッフインタビュー

0→1を創り出すフェーズを楽しみたい

若手の活躍 0→1を創り出すフェーズを楽しみたい

株式会社DXディライト 代表取締役

守屋 玲央

経歴

  • 2016年4月

    新卒として株式会社コムニコに入社 コンサルティングチームに配属

    金融、製薬、食品業界など、幅広い業種・業態のSNS運営、コンサルティングに携わる。

  • 2017年2月

    コムニコの関西オフィス設立に伴い、立ち上げメンバーとして大阪に赴任

    コンサルタントとして、西日本エリアを担当。自社セミナーや社外カンファレンスへも積極的に登壇。

  • 2020年10月

    株式会社24-7(現 株式会社DXディライト)の取締役COOに就任

  • 2022年6月

    株式会社24-7(現 株式会社DXディライト)の代表取締役に就任

DXディライトはどのような会社ですか?

DXディライトは、顧客のDX推進を支援する会社です。主には、マーケティング・営業・カスタマーサクセスの領域において、Salesforceなどのプラットフォームを活用したコンサルティングや運用支援に強みを持つ会社です。

守屋くんにとってメンバーはどのような存在ですか?

大切な仲間です。0から1を創り出すフェーズは、事業モデルも含めて全て整った環境を提供できている訳ではありません。しかし、自己成長のため、積極的にスキルアップに取り組んでくれるメンバーの姿は、間違いなく会社の原動力になっています。メンバーと共に、会社を大きく成長させていきたいです。

代表取締役に抜擢された際の心境と、意識していることを聞かせてください

2020年10月に取締役COOへ就任した時から、自分がこの会社の代表だと意識して取り組んでいます。引き続き、責任感を持って取り組んでいければと思います。

経営する上で意識していることは、顧客やパートナー会社などのステークホルダーから、一緒に仕事がしたいと思ってもらえるような、人を魅了することができるチャーミングな集団であり続けたいと考えています。

自身のキャリアを振り返って、働く上で大切にしていることはなんですか?

どんな状況でも「楽しむ」ことを大切にしています。株式会社コムニコに所属していた頃に経験させていただいた関西オフィスの設立も、現在推進している株式会社DXディライトのDX支援事業も同様ですが、0から1を創り出すフェーズは不安や恐怖との葛藤が生じることもあると思います。そのような葛藤も含めて、「楽しむ」ことをこれからも大切にしていきたいです。

今後どのような会社にしていきたいですか?

環境の変化に伴い、日本の企業経営においてもデジタル活用の重要性が増しています。しかし、まだDXがうまく行っている企業はかなり少ないと言われます。私たちは、デジタルを駆使し、少しでも多くの企業様のDX推進を支援し、お客様に喜びを与えられる会社であり続けたいです。

インタビューをもっと見る